2015/06/12 18:46

2015年5月、中国・昆明のホテルにて。
ダンナ(当時カレシ)が1階のロビーでWi-Fiをしにいっているときに、
わたしは部屋のトイレで用を足していました。

さてと、流すか。

トイレの水をひねりました。

あれ、ちょっとトイレットペーパーを流しすぎたかな。
もう一回。
あれ、流れない。やばいな。

何度やっても、時間をおいてもだめでした。


急いでホテルの従業員を探し、息もきれぎれに事情を説明しました。

私「あのー、、えーToilet is not ...does not...work...?あーなんて言えばいいかわからない...」
従「???」
私「(とにかくトイレってだけ伝われば、この焦りようでなんとか伝わるだろう)ToiletToilet!」

身振り手振りでトイレが流れないことを伝えようとしますが、一向に伝わらない。

そう、それもそのはず。
ここ昆明は、英語がまったくといっていいほど伝わらないのです。

前日にこのホテルを探し出すまでも、どれだけ苦労したことか・・・。
(おそらく「where」や「How much」だけでなく「English」などの単語すら通じないと思われます。)

これ以上「Toilet!」と言い続けてむりだとおもったので、
絵を描いて説明することにしました。
こんな絵をかいたんですね。
そうしたら、従業員のおばちゃんが、


「ああ!わかったわ!!これね!!」

っていう表情でうれしそうに私にあるものを手渡したんです。
わたしも、やった!やっと伝わった!と思ってよろこんで手渡されたものを見ました。












それはコンドームでした。










・・・・・・・・・・ちがうよおばちゃん
コレジャナイ!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!






結局絵を描くのは諦め、
おばちゃんの手を引いて自分の部屋まで連れて行き、
トイレ直し担当の方がめんどくさそうに直してくれて無事解決。




あの瞬間は焦って笑う余裕もなかったのですが、
あとになって自分が描いた絵を思い出して、
確かにそう思えなくもないな、と思いました。